このページは各銘柄の最新情報が表示されております。

J-REIT銘柄情報

3249 産業ファンド投資法人

三菱商事及びUBSをメインスポンサーとするJ-REIT。物流施設に加えて企業のR&D施設、空港、データセンターといった経済インフラ不動産及び産業不動産も投資対象としている。2016年2月にJ-REITとして初めて工場の底地を取得した。2018年7月末時点のポートフォリオは物流施設約56%、経済インフラ施設約27%、工場・研究開発施設等約17%という構成(期末鑑定評価額ベース)。土地所有者にCRE提案を行い共同開発する等、競合が少ない領域にも注力していることから、他の物流施設REITに比べてNOI利回りが高い。一方、有利子負債比率が恒常的に50%超と高い水準。JCRから「AA」という高格付を取得しており、日本銀行が投資口6%以上を保有している銘柄の一つでもある。旗艦物件は「羽田空港メインテナンスセンター」。<2019年1月31日時点>

投資口情報2021/01/28時点
投資口価格188,200円 (-4,700円)
時価総額389,577.0112百万円
分配金
利回り
3.36% (+0.08)
出来高4,154口
(括弧内は前日比)
業績予想2020/09/16付「決算短信」※1...
前期 当期 次期
期首 2020/02/01 2020/08/01 2021/02/01
期末 2020/07/31 2021/01/31 2021/07/31
営業収益 10,984百万円 13,897百万円 14,837百万円
当期利益 5,317百万円 6,530百万円 6,530百万円
1口分配金 2,832円 3,158円 3,158円

投資口価格・利回り・出来高の推移2021/01/28時点
取得物件のポートフォリオ構成2020/12/31時点
物件取得額合計 3,689億円
物件数 77棟
用途別取得額比率 地域別取得額比率
銘柄リリース
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。