J-REIT銘柄情報

3249 産業ファンド投資法人

産業ファンド投資法人が第6期決算を発表、1口当たり実績分配金は16,235円

(2010/08/10)

産業ファンド投資法人が第6期(平成22年6月期)決算を発表した。第6期は、底地2件取得及び保有物件1棟売却を行った。物件売却益459百万円が寄与し、前期比57%増益、1口当たり分配金は16,235円となった。第7期は、前期の物件売却益がなくなるため、38%減益、1口当たり分配金は10,036円となる見通し。 なお、IIFのポートフォリオ全体の約40%を占めるIIF羽田空港メインテナンスセンター(航空機格納庫)の賃貸借契約を変更することを発表。一定期間賃料減額とするも、契約期間の延長により収益の安定を見込む。具体的な変更内容は、①契約の残余期間を7年から15年へ延長、②定期賃貸借契約に変更し、賃料減額請求及び中途解約の禁止、③一定期間の賃料減額(平成23年より5年間は5%減額、平成28年より5年間は3%減額)。

  第6期実績 第7期予想 前期比
営業収益 3,440百万円 2,958百万円 ▲14.0%
当期利益 1,283百万円 793百万円 ▲38.2%
分配金
(/1口)
16,235円 10,036円 ▲38.2%

産業ファンド投資法人の記事を最新5件
2019/03/13
産業ファンド投資法人が第23期決算、IIF厚木ロジスティクスセンターの売却を発表
2019/01/09
産業ファンド投資法人が大田区の工場アパートを裏付資産とするSPCの匿名組合出資持分を取得
2018/12/19
産業ファンド投資法人が茨城県龍ヶ崎市の工場底地を取得
2018/09/20
産業ファンド投資法人が第22期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は2,716円
2018/03/14
産業ファンド投資法人が第21期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は10,282円
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 サンケイリアル +3.13%
2 いちごオフィス +1.77%
3 投資法人みらい +1.56%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。