J-REIT銘柄情報

3468 スターアジア不動産投資法人

スターアジアグループがスターアジア不動産投資法人とさくら総合リート投資法人の合併を提案

(2019/05/10)

スターアジア不動産投資法人(SAI)のスポンサーであるスターアジアグループが、SAIとさくら総合リート投資法人(SSR)の合併を提案したことを発表した。 スターアジアグループであるライオンパートナーズ合同会社は、SSRの投資口3.59%を保有する投資主であり、投資主総会招集権を有する。同社がSSRに対し、合併提案の推進を目的とし、執行役員及び資産運用会社の交代を議案とする投資主総会の開催請求を行った。 SAIは2016年4月上場、現在の資産規模は1,023億円、一方、SSRは2016年9月上場、現在の資産規模は560億円。ともに総合型であり、中規模の物件であるポートフォリオの親和性が高いこと、分配金利回りが拮抗しており、両者の合併によるメリットが共有できるとする。 合併の効果として、資産規模が単純計算で1,584億円となり、規模拡大によるメリットに加え、資産運用報酬の低下や運用効率向上によるコスト削減を背景とした分配金の増加を挙げる。 またSSRの運用の課題を指摘する。分配金水準の低下、資産運用報酬の高水準、投資口価格の低迷により外部成長が難しい点、過去に増資出来なかった際のコスト発生により物件売却益を投資主に還元出来なかった点から投資主利益が毀損していると指摘し、合併により投資主利益の向上を図るとする。 合併提案のプロセスとして、投資主総会開催請求に基づき、7月に投資主総会を実施予定。議案が承認された場合、SSRの執行役員及び資産運用会社が交代し、9月頃に合併契約を締結、11月~12月頃に合併承認を議案とする投資主総会を開催、2020年2月頃に合併の流れを想定する。 これを受け、SSRは今後の対応方針について検討次第公表する予定。

スターアジア不動産投資法人の記事を最新5件
2019/03/15
スターアジア不動産投資法人が第6期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,720円
2019/02/26
スターアジア不動産投資法人が匿名組合出資持分を取得
2019/01/24
スターアジア不動産投資法人が学校施設、メザニンローン債権を取得
2018/12/20
スターアジア不動産投資法人がメザニンローン債権を取得
2018/11/28
スターアジア不動産投資法人が匿名組合出資持分を取得
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 汐留ビルディング 716億円
株価値上り率ランキング
1 産業ファンド +1.85%
2 インベスコ +1.49%
3 サムティ・レジ +1.33%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。