J-REIT銘柄情報

3468 スターアジア不動産投資法人

スターアジア不動産投資法人とさくら総合リート投資法人が合併契約を締結、合併比率は1:0.89

(2020/03/02)

スターアジア不動産投資法人(SAI)とさくら総合リート投資法人(SSR)が、8月1日を効力日とする合併契約を締結した。 3月30日及び31日開催予定の両投資法人の投資主総会にて合併議案が承認されれば、合併は成立し、SAIが存続し、SSRは7月30日に上場廃止となる予定。 合併比率はSAI:SSR=1:0.89。SSRの1口に対し、割当交付するSAIの投資口数が1口未満となるため、SAIの投資口を2分割する。これによりSSRの1口に対し、分割後のSAIの投資口1.78口を割り当てることとなる。 合併後の投資法人の資産規模は1,668億円を見込む。東京圏の中規模クラスのオフィスを中心とした総合型REITとなる。今後の外部成長には、オフィス、住宅、物流施設を中心に取得し、早期に資産規模2,000億円を目指す。また従来同様に資産入替えやメザニンローン投資も継続して行う予定。 これに伴い合併後の業績予想を発表。 第10期(2021年1月期)は、SSRから18物件の承継、第9期(2020年7月期)に取得予定の2物件及びメザニンローン1件の通期稼働、1物件の売却による売却益970百万円が寄与し、当期利益は2,775百万円を想定。1口当たり分配金は1,658円(分割前換算3,315円)となる見通し。なお、合併に伴うのれん又は負ののれんは現時点で未定のため、業績予想に織り込んでいない。 第11期(2021年7月期)は、第10期に計上予定の物件売却益、合併費用や合併報酬がなくなるため、前期予想比12%減益を見込み、1口当たり分配金は1,455円となる見通し。 有利子負債比率は第10期末及び第11期末ともに45.8%程度を想定。

   
  第10期予想
営業収益 6,634百万円
当期利益 2,775百万円
1口当たり分配金 1,658円
   
  第11期予想
営業収益 5,616百万円
当期利益 2,436百万円
1口当たり分配金 1,455円

スターアジア不動産投資法人の記事を最新5件
2020/10/05
スターアジア不動産投資法人がアーバンパーク常盤台公園を取得、シュロアモール長嶺を売却
2020/09/14
スターアジア不動産投資法人が第9期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,436円
2020/03/13
スターアジア不動産投資法人が第8期決算を発表、1口当たり実績分配金は2,788円
2020/01/30
スターアジア不動産投資法人とさくら総合リート投資法人が合併の基本合意を締結
2019/09/12
スターアジア不動産投資法人が第7期決算を発表、1口当たり実績分配金は3,625円
What's New
2020/10/16  
マーケットコラム「2020年度下期のJ-REIT価格下落シナリオとは」
2020/10/16  
J-REIT個人投資家アンケート調査を開始、投資家の皆様のご協力をお願いします
2020/10/14  
J-REIT市況月次レポート 2020年9月
2020/10/09  
J-REIT NOW!PRO(メール通知サービス)が復旧致しました。ご不便をお掛けしましたことお詫び申し上げます。
2020/09/25
マーケットコラム「2020年度下期のJ-REIT価格の見通しは?」
決算発表動画
物件取得価格ランキング
1 六本木ヒルズ森タワー 1,154億円
2 東京汐留ビルディング 1,100億円
3 汐留ビルディング 1,069億円
4 北の丸スクエア 816億円
5 ガーデンシティ品川御殿山 720億円
株価値上り率ランキング
1 ケネディクス商業 +2.25%
2 伊藤忠アドバンス・ロジ +1.86%
3 サンケイリアル +1.85%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。