J-REIT銘柄情報

8953 日本リテールファンド投資法人

日本リテールファンド投資法人が第33期決算を発表、1口当たり実績分配金は4,430円

(2018/10/15)

日本リテールファンド投資法人が、第33期(2018年8月期)決算を発表した。 第33期は「Gビル阿倍野01アネックス棟」底地を取得する一方、「イトーヨーカドー川崎店」「イオン戸畑ショッピングセンター」を売却。イオン戸畑ショッピングセンターの売却益787百万円が寄与する一方、川崎ルフロンのテナント退去及びリニューアル費用、北海道震災対応費用の発生により、前期比4.8%減益。物件売却益のうち78百万円を内部留保する一方、一時差異等調整積立金より31百万円を取り崩し、1口当たり分配金は4,430円となった。 期末のポートフォリオは98物件、資産規模(取得額合計)は8,886億円、有利子負債比率は44.2%。 第34期(2019年2月期)は、「m-シティ柏」を来年2月に取得予定。前期の物件売却益がなくなること、川崎ルフロンの空室及びリニューアル費用、震災対応費用により、前期比15.6%減益を見込む。内部留保より1,772百万円を取崩すことにより、1口当たり分配金は4,430円と前期と同額を予想。 第35期(2019年8月期)は、川崎ルフロンの空室及びリニューアル費用の増加により、前期予想比0.6%減益を見込む。内部留保より1,828百万円を取崩し、1口当たり分配金は4,430円と変わらない見通し。 なお、丸井の退去により稼働率が54.1%に低下した川崎ルフロンは、水族館を中心に95%以上が内定しており、リーシングは好調に進む。段階的にリニューアルを行い、第37期(2020年8月期)に全リニューアル完了の予定。 また都市型商業施設の投資比率が50%を超えたことから、新たな中期目標を発表した。 ポートフォリオ区分方法を変更し、従来の都市型に、主要ビジネスエリアから30分圏内の駅周辺に立地する商業施設を追加し「コア資産」と定義付ける。コア資産を現状の72%から80%以上とするため、今後数年間はサブ資産からコア資産へ1,000億円規模の資産入替を目指す。更に物件売却益の活用により、1口当たり分配金4,500円の早期達成を目標とする。

           
  第33期実績 第34期予想 前期比 第35期予想 前期比
営業収益 32,685百万円 30,221百万円 ▲7.5% 30,296百万円 0.2%
当期利益 11,644百万円 9,825百万円 ▲15.6% 9,769百万円 ▲0.6%
分配金総額 11,597百万円 11,597百万円 0.0% 11,597百万円 0.0%
1口当たり分配金 4,430円 4,430円 0.0% 4,430円 0.0%

日本リテールファンド投資法人の記事を最新5件
2019/02/20
日本リテールファンド投資法人が大阪心斎橋8953ビルを売却、業績予想を修正
2018/12/19
日本リテールファンド投資法人がGビル神宮前08、ラウンドワンスタジアム川崎大師店を取得
2018/10/17
日本リテールファンド投資法人がGビル南青山03を取得
2018/08/28
日本リテールファンド投資法人がm-シティ柏を取得、イオン戸畑ショッピングセンターを売却
2018/07/26
日本リテールファンド投資法人がイトーヨーカドー川崎店を売却
決算発表動画
物件取得価格ランキング
株価値上り率ランキング
1 伊藤忠アドバンス・ロジ +1.93%
2 インヴィンシブル +1.31%
3 ザイマックス +1.19%
* 当サイトはJ-REIT(不動産投資信託)の情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としておりません。
* 当サイトの情報には万全を期しておりますがその内容を保証するものではなくまた予告なしに内容が変わる(変更・削除)することがあります。
* 当サイトの情報については、利用者の責任の下に行うこととし、当社はこれに係わる一切の責任を負うものではありません。
* 当サイトに記載されている情報の著作権は当社に帰属します。当該情報の無断での使用(転用・複製等)を禁じます。